水素水の効果 本当かどうか検証

水素水の効果 水素の抗酸化力とは?

テレビや雑誌で話題となっている水素水

 

美肌効果があるとか、アンチエイジングに効果があるとか、
ダイエットに効果があるとか、色々な水素水の効果が言われています。

 

でも、そんな水素水の効果を聞くと
みなさんは疑問に感じると思います。

 

「本当に水素水って効果があるの??」

 

水素水について色々調べてみると
普通の水と違う効果が実はあるようです。

 

そこで、

 

このサイトでは、水素水の効果を分かりやすく紹介していきます。

 

まずは、

 

水素水の大きな特徴である「抗酸化力」について説明します。

 

 

水素の一番の特徴が活性酸素を除去する働きです。

 

 

人は、生きるために酸素は必要ですが、この酸素によって病気の原因にもなります。

 

つまり、

 

酸素は諸刃の剣です。

 

 

美容や健康を維持するためには、如何に酸素と付き合っていくかが重要です。

 

 

体に悪影響を及ぼす酸素を別名「活性酸素」ともいいます。

 

この活性酸素は体を錆びつかせ、老化、生活習慣病やガンを引き起こす原因物質です。

 

しかし、

 

実は生きるために必要なエネルギーを作るときにも活性酸素は発生します。

 

つまり、

 

人間は生きている限り、つねに活性酸素のリスクにさらされています。

 

 

そこで活躍するのが水素です。

 

水素は活性酸素を除去する抗酸化力を持っているのが最大の特徴です。

 

つまり体のサビをとってくれます。

 

 

活性酸素は、紫外線、ストレス、喫煙、不規則な生活でも発生します。

 

 

人間にはもともと活性酸素を除去する酵素が備わっていますが、
年齢や不規則な生活により抗酸化力が低下、つまり
錆びつきを抑えることができなくなり肌のトラブルや体の不調、老化につながります。

 

 

水素は抗酸化力を持ち活性酸素を無害な水にする

 

 

 

 

 

 

水素水の効果〜悪玉と善玉活性酸素との関係〜

水素には抗酸化力がありますが、実は活性酸素には
体によってよい働きをする善玉活性酸素悪玉活性酸素があります。

 

活性酸素と聞くと悪いイメージがありますが、実はそうではありません。

 

活性酸素の中でも悪玉活性酸素が体に悪影響を与えます。

 

これは、活性酸素に限らず、世の中のあらゆる物事には
必ず良い面と悪い面の両方が存在します。

 

例えば・・・

 

シミ、シワ、そばかすを引き起こす紫外線は悪いイメージが強いですが
紫外線がなければカルシウムを吸収するビタミンDが作られなくなり
骨が作られなくなります。つまり骨粗しょう症になりやすくなります。

 

ですから、物事を判断する時は、片方だけを見て判断するのは
とても危険で間違った行動をとってしまうので注意してください。

 

話がそれてしまいましたが、活性酸素の話に戻ります。

 

活性酸素には善玉と悪玉があることを説明しましたが、
それぞれ作用・役割が違います。

 

 

善玉活性酸素には殺菌作用や血管拡張作用があります。

 

悪玉活性酸素には老化や肌トラブルを引き起こします。

 

 

悪玉活性酸素と言われていますが、実は、悪玉活性酸素になるのは
体に活性酸素を処理する働きが落ちた場合に発生するのです。

 

元々、体には活性酸素が発生しても、きちんと処理するメカニズムが備わっているので
何も怖がることはありません。

 

しかし、

 

体の機能が低下して活性酸素を処理する能力が低下した場合や
過剰に活性酸素が発生して処理能力が間に合わなくなった場合に
活性酸素が体に悪影響を及ぼすのです。

 

 

善玉、悪玉と区別して書かれると、別々に善玉、悪玉が存在するように思いますが違います。

 

紙に表と裏が必ずあるように物事には常に2面性があります。

 

活性酸素にも2面性があって、善玉と悪玉があるのです。

 

 

水素がすばらしいのは体が処理しきれなかった
悪玉活性酸素だけに働きかけてくれることです。

 

つまり、

 

体の活性酸素処理能力をサポートしてくれるのです。

 

 

活性酸素には悪玉と善玉があり水素は強力な酸化力があって

細胞を傷つける悪玉だけを退治する

 

 

水素水の効果 体の隅々まで行き渡る水素の魅力とは?

体内に発生した活性酸素を除去してくれる物質は水素だけではありません。

 

水素以外に、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10などがあります。

 

みなさんもこれらのサプリメントや化粧品など一度は使った経験があると思います。

 

しかし、

 

抗酸化ビタミンであるビタミンCなどは分子が大きすぎるので
水素のようにどこにでも行けるわけではありません。

 

また、

 

水溶性ビタミンCは水分たっぷりの細胞内で
脂溶性ビタミンEは脂質を含む細胞膜の外で働くなど働く場所が限られています。

 

 

ビタミンCなどの抗酸化物質は活性酸素を除去する力が強いので
悪玉活性酸素だけでなく善玉活性酸素まで除去してしまいます。

 

すると、体にダメージを与えてしまうことがあります。

 

 

でも、水素は宇宙一小さい分子です。

 

 

小さい分子だから体をすり抜けて出たり入ったりできるのです。

 

水素は体のいたるところに入り込むことができるのが水素の強みです。

 

 

そのため、

 

脳や子宮へも入っていき、体中を悪玉活性酸素から守ってくれるのです。

 

だから水素はたくさんとっても大丈夫です。

 

 

悪玉活性酸素を除去して仕事が終われば体外へと
抜けてしまい体内にとどまることはなく摂りすぎによる害はありません。

 

 

水素はとても小さく自由自在に動き回れるので

体内にとどまることはなく害もありません。